参加依頼する

結果を送信してよろしいですか?

※原則として応募いただいた方にメールでご連絡いただき、直接お話した上でご決定ください。

お断りする

※原則として応募いただいた方にメールでご連絡いただき、直接お話した上でご決定ください。

このプロジェクトのサポートをやめる

以下をご確認頂き、ご了承の上、サポートを終了してください。

  • マイプロジェクトに表示されなくなります。
  • プロジェクトメンバー一覧から削除されます
  • グループメーリングリストから削除されます。
  • 過去に書いたプロジェクトレポートとレビューはそのまま表示されます。
  • プロジェクトレポート・レビューを書くことができなくなります。

※原則として、プロジェクトオーナーと協議の上、ご決定ください

イノベーション東北 - supported by Google

熊本・大分のスモールビジネスのオーナーを、リモートでサポートできる人を募集します!

募集期間:2016年08月31日(水) まで

  • image

坂口修一郎坂口修一郎

熊本・大分地震により壊滅的な被害を受けた熊本、そして大分の産業。その中でも「地域の顔を作っている」といえるスモールビジネスには充分な支援が回っておらず、廃業の危機に貧しているのが現状です。

そこで、窮状のなか立ち上がろうとしているスモールビジネスのオーナーさんを支援するために、『Support! Small Business for KUMAMOTO & OITA』というプロジェクトを立ち上げ、イベント開催やクラウドファンディングなどで継続的に熊本・大分を支援していきます。

是非そのプロジェクトの運営サポートとして、スモールビジネスのオーナーさんを応援してください!

サポート内容を見る

4人が参加中

  • 熊本県
  • 専門スキルで関わる
  • プロボノ

熊本・大分支援プロジェクトの事務局スタッフ 応募は終了しました

クラウドファンディング管理・運営ができる方 応募は終了しました

SNSなどで情報発信ができる方 応募は終了しました

具体的なサポート内容

具体的には、

●熊本・大分の商人のみなさんから申請される内容を確認し、情報発信や告知のための記事を作成
●実際に県外での活動を行ったみなさんからの報告を確認し、取りまとめて、活動資金の入金担当スタッフへ連絡

など、プロジェクトを進めていく上での事務的な作業や運営事務局としての窓口をお手伝いいただきたいと思っています。
複数人の方にサポートいただきうまく役割分担しながら進めていければと思います。

こんな人にオススメ

・熊本/大分に関わりたい!と思っている方
・熊本/大分に熱い想いのある方
・裏方作業の得意な方
・文章を書くのが得意な方

このプロジェクトに4が参加しています

坂口修一郎
坂口修一郎

応募を検討しているサポーターのみなさんへ

熊本・大分を継続的に支援していくために、今後も色々なプロジェクトが立ち上がっていく予定です。
これから長期的な復興のフェーズに入っていく熊本・大分に対し、現地に行かなくても遠くから何らかのサポートをしたい!と思っている方は是非ご応募ください。

熊本・大分支援プロジェクトの事務局スタッフ 応募は終了しました

クラウドファンディング管理・運営ができる方 応募は終了しました

SNSなどで情報発信ができる方 応募は終了しました

Q&A(0)

表示するQ&Aがありません。

みんなのレポート(0)

表示するプロジェクトレポートがありません。

OK PROJECT

熊本と大分のスモールビジネスに携わる方々を支援したい

熊本・大分地震により壊滅的な被害を受けた熊本、そして大分の産業。その中でも衣食住のライフスタイルに関係するショップや飲食店、デザイン、アート、クラフト、音楽などのクリエイティブな分野に対する自粛ムードや消費マインドの低下によるビジネスの低迷には、今のところほとんど支援の手がまわっていません。

こうしたスモールビジネス(個人商店)に対しては、業種や被災状況もバラバラなため一律公平を旨とする行政や大規模団体からの支援が受けづらく、さらに嗜好品と捉えられるようなジャンルへの支援は後回しになっています。小規模なショップや飲食店、コンテンツを作る人々の活動こそが街の多様で個性的な文化を形づくってきたのは事実なのですが、その多様性ゆえに大規模支援プログラムが適用されません。そのためいまだ余震が続く中で廃業の危機に瀕している事業者の方もいるのが現状です。

そこで、熊本大分で震災の影響を受け、窮状のなか立ち上がろうとしているスモールビジネス・オーナーをサポートするために発足したのが『Support! Small Business for KUMAMOTO & OITA』プロジェクトです。